a1380_001621
人間は死に直面すると、日常と違った特別な体験をすると言われています。そういった臨死体験を科学的に研究しているスティーブン・ローリーズ氏についての記事をまとめたものをご紹介します。
Dr Steven Laureys, who heads the Coma Science Group at the university hospital in the city of Liege, has spoken to many patients over the years who have woken out of a coma and told him about 'journeys' they have been on during the near-death experience.

リエージュ市の大学病院にあるコーマ・サイエンス・グループのリーダーを務めるスティーブン・ローリーズ医師は、昏睡状態から目を覚ました患者から何年にもわたって話を聞いてきた。彼らは臨死体験の間にした“旅”について医師に語った。

Steven Laureys...interviewed 190 people who claim to have vivid memories of near-death experiences.

スティーブン・ローリーズは臨死体験のはっきりした記憶を持っているという190人にインタビューをした。

Their stories all have elements that are the same or very similar.

全ての彼らの話には同じかもしくは似通った要素がある。

"After being close to death, some people will report having had an out-of-body experience, having seen a bright light or being passed through a tunnel; all well-known elements of the famous Near-Death Experience," according to the study by Laureys and his team of six scientists.

ローリーズと彼のチームの6人の科学者によると、「死に近くなった後、体外離脱を体験したり、明るい光が見えたり、トンネルを通り抜けたりといったことを報告する人たちがいる。全て一般的に臨死体験としてよく知られている要素である。」

"I felt as if I were sucked out of my body at one point," said Raymond. "I was going through a completely black tunnel, very, very quickly, a speed you cannot express, because you just don't experience it."

(臨死体験者の)レイモンドはこう語る。「自分の体が一点から吸い出されていくような感覚だった。私は完全に真っ暗なトンネルを通り抜けていて、そのスピードはとてもとても速いものだった。そのスピードを表現することは出来ない、なぜなら人が経験することの無いスピードだから。」

“We found the near-death experiences were richer and more real than real than any other experience,” Laureys told ABC News, adding that the experience was generally “quite positive.” “It’s hard to explain how such a rich experience can happen in such a situation where we know the activity of the brain is very, very abnormal.”

ローリーズ医師はABCニュースにこう語った。「臨死体験は他のどんな体験よりも豊かで現実的であることが分かった。」そして、その体験は一般的には「とてもポジティブ」なものであると付け加えた。「どうしてそのような豊かな体験が、そのように脳の活動がとても異常な状態で起こり得るのかを説明することは難しい。」

“Over 80 percent a report feeling of peacefulness,”

「80%以上が穏やかな感覚を報告している。」

Some researchers have hypothesized that oxygen deprivation could be triggering the experiences, but Laureys said that’s unlikely. He said people with injuries that would not immediately affect the flow of oxygen to the brain reported similar memories.

酸素欠乏がその体験を引き起こしていると仮説立てる研究者達もいる。しかし、ローリーズはその可能性は低いと言う。脳への酸素供給にすぐ影響しないような怪我をした人の場合でも同じような体験を報告している、と彼は語った。

Laureys doesn't want to speculate on the existence of heaven or hell, but he does say that only a small minority of near-death experiences are horrifying. Most of them are pleasant and uplifting.

ローリーズ医師は天国や地獄の存在について推論しようとはしなかったが、彼はこうは述べた。臨死体験に恐怖したのは、ごく少数であった。ほとんどの人は心地よさと高揚感を感じたのである。