a1750_000032
海外健康サイトWomen'sHealthでカフェインについてあまり知られていない意外なことが紹介されていました。
1.カフェインは短期記憶と長期記憶において良い影響を与える。

There's been a lot of past research on caffeine's effects on short-term memory, but recent studies are indicating benefits for long-term memory, as well.

カフェインが短期記憶に与える影響については多くの調査が成されてきたが、最近の調査では長期記憶にも良い影響を与えることが分かってきた。

"Around 300 to 400 milligrams per day may protect against cognitive decline and Alzheimer's," says Jaclyn London, MS, R.D., a senior dietician at Mount Sinai Hospital in New York City.

理学修士、登録栄養士であり、アメリカ合衆国ニューヨーク市マウントサイナイ病院のシニア栄養士であるジャクリン・ロンドンは「一日およそ300~400ミリグラム(のカフェインの摂取)は認知機能低下やアルツハイマーの予防になる可能性があります。」と語った。

There is one caveat, though: "Getting enough sleep is also important in Alzheimer's prevention, so keep that in mind if you're caffeine-sensitive."

ただし注意するべきことが一つある。「アルツハイマーの予防には十分な睡眠をとることも重要です。ですので、もしあなたがカフェインに過敏であるのならばそれを気をつけてください。」

2.カフェインは運動パフォーマンスを向上させることがある。

Taking in some caffeine about an hour before your workout or race may up your game.

ワークアウトや競技の約一時間前にカフェインを摂取すると、良い結果が出るかもしれない。

3.カフェインの効果には即効性がある。

"Caffeine very easily crosses the blood-brain barrier, so the central nervous system is stimulated quickly," says London.

「カフェインは血液脳関門をいとも簡単に突破します。ですので、中枢神経系がすぐに刺激されます。」ロンドンは語った。

4.コーヒーのカフェイン含有量は一定ではない。

In a study published in the Journal of Analytical Toxicology, researchers found that a 16-ounce Starbucks coffee had 100 milligrams more caffeine than the same size from Dunkin' Donuts.

JATで発表された研究によると、調査員達は16オンスのスターバックスのコーヒーには同じサイズのダンキンドーナッツのコーヒーよりもカフェインが100ミリグラム多く含まれていることを見つけた。

London says a standard serving of coffee typically ranges from 90 to 225 milligrams.

ロンドンは、通常出されるコーヒーには一般的に90~225ミリグラム(のカフェインが)含まれていると語る。

5.エスプレッソのカフェイン含有量はふつうのコーヒーよりもずっと少ない。

Everyone thinks espresso is a caffeine powerhouse, but London says a single shot of espresso clocks in at 40 to 70 milligrams—much less than the average cup of coffee.

多くの人はエスプレッソはカフェインのパワーハウスだと考えているが、ロンドンはワンショットのエスプレッソのカフェイン量は40~70ミリグラムと測定されると語る。これはコーヒー一カップの平均よりもずっと少ない。

Since you get more caffeine in drip coffee, ordering an espresso-based beverage like a cappuccino might be smart if you're sensitive to the stimulant.

ドリップコーヒーにはより多くのカフェインが含まれているので、もしあなたが刺激物に対して敏感なのであれば、カプチーノのようなエスプレッソ式の飲み物を注文すると良いかもしれない。

6.実際はカフェインにより脱水することは無い。

Since 98 percent of caffeine is consumed in beverages, according to the FDA, you're also probably hydrating at the same time you take it in. So although caffeine is a diuretic, it's unlikely to truly dehydrate you.

FDAによるとカフェインの98%は飲み物として消費されているため、カフェインの摂取と同時に水分補給もしていることにほぼなる。なので、カフェインには利尿作用があるものの、本当に脱水が起こるとはほとんどない。

Still, that doesn't mean you should drink caffeinated beverages alone exclusively. Enjoy them in moderation, and don't forget that water is still the gold standard for hydration.

かといって、カフェインを含む飲み物のみを単体で飲むべきであるということではない。節度を持って嗜み、そして水分補給のゴールドスタンダードは水であることを忘れないように。

7.カフェインの摂取源は飲み物だけではない。

Chocolate is also a major source, and caffeine can also be added to almost any food or substance

チョコレートも大きな摂取源だ。そしてカフェインは、ほぼどんな食べ物にも加えることが出来る。

If you have a heart condition or hypertension, check with your doctor before taking any pain relievers with caffeine.

もしあなたに心臓の異常や高血圧があるのであれば、カフェインのある鎮痛剤をとる時は医師に相談しましょう。