sengi
photo via Wikipedia

象の遺伝子に近いという新種の鼠が見つかりました。発見されたのはハネジネズミ(別名センギ)の仲間で、元々象のような長い鼻を持っていることが特徴の種だそうです。海外サイトの記事を紹介します。

it is more closely related genetically to elephants, according to researchers from the California Academy of Sciences.

カリフォルニア科学アカデミーの調査員によると、遺伝子的には象により近い。

genetic testing revealed the creature was a newly discovered species


遺伝子調査で新しく発見された種であることが分かった。



A new mammal discovered in the desert of western Africa looks identical to a mouse in appearance, but sports a long nose, making it not related to the mouse but actually to elephants.

アフリカ西部で新しく発見されたその哺乳類は一見すると鼠のように見えるが、長い鼻を備えており、鼠ではなく象に関係があることを伺わせている。


Its DNA is closely related to larger mammals.

そのDNAはもっと大きい哺乳類に近く関係している。


The discovery of the new elephant shrew -- a group of mice known in Africa by their Bantu-derived name sengi --

ハネジネズミの新種発見。アフリカではバントゥー族に由来するセンギという名前でも呼ばれている鼠の仲間である。

the species doesn't just look like an elephant, it shares genes with an elephant.

この種は、象そのもののようには見えないが遺伝子を象と共有しているのだ。


Scientists have just discovered a new species of elephant shrew or round eared sengi in the remote deserts of south western Africa.

科学者達はアフリカ南西部の遠隔地の砂漠で、ハネジネズミもしくは丸耳センギの新種を発見した。

This is the third new species of sengi to be discovered in the past decade.

これは過去十年間で発見されたセンギの新種の三例目である。

Michael Griffin from the Namibia Ministry of Environment and Tourism was the first person who found member from this species.

ナンビア環境・観光省のマイケル・グリフィンがこの種の仲間を発見した最初の人である。